「ライフ」カテゴリーアーカイブ

しばらく、「中央構造線」の延長にある埼玉は要注意だ。

 日曜(25日)朝に震度5強の地震に襲われた長野周辺は、断続的な余震に見舞われている。気象庁によると震源地は長野県南部。震源の深さは約7キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・6と推定されている。1週間程度、最大震度5強の地震が起きる可能性があるとして、注意を呼び掛けている。

こんなに地震が頻発してるのに、、、なかなか防災セットの購入に踏み切れない備えあれば憂いなし 買お。
異なるプレート3重構造が入り組むって凄い事。その東京でオリンピックを予定して、建設ラッシュで動いてるって言うのが、もっと凄い。と言うより恐ろしい。中央構造線を言うなら、大阪の方がよほど危ないんですけど、、、こんな岩が落ちてきたら、たまったもんじゃない。長野の震源は浅かったですけど、それでも中央構造線が影響しているんでしょうか?
ちょっと大きい地震があると関連付けて不安を煽る地震研究家や教授は何か利点でもあるの? 必ず前兆だとか言うけど地震予知は不可能となぜ認めないのアメリカの学者には出来ないと認めてるのに。

現在の大学入試の制度や特徴は、保護者が受験生だったころとは大きく変化しています。

現在の大学入試の制度や特徴は、保護者が受験生だったころとは大きく変化しています。保護者も知識をアップデートしておかないと、お子さまとの会話の際に、認識の違いが出てしまうかもしれません。この記事では、特に私立大入試にスポットを当てて、最新事情や大学の動きについて紹介します。

少子化になり、私学も首都圏の昔からいうブランド名のところは志望者も集まりますけど、地方都市の私学は今後も経営厳しくなるでしようね。いずれ閉校するところも今後多くなるでしようね。合わせて受験産業の予備校や塾も、受験生獲得に必死ですよね。我々の世代含め、先輩の方々の時代あんなに子供いたんですけどね。公立の小中学校含め、一校に1000人以上なんて当たり前でしたから、大学資金を出す働く世代もどんどん減って深刻な問題です。学校によっては受験とは名ばかりの、受けたらほぼ合格てのもある。学生が集まらなければ、そもそも学校が成り立たない。大学受験においては、受験戦争とは過去の遺物だな。
結局は、受験者数が減ってる中、受験回数↑→受験者数↑→受験料収入↑じゃないの??

※愛の鞭ゼロ作戦

子育てをしていると、ついイライラして子どもを叩いたり、怒鳴ったりしてしまうことがあります。しかし、子どもに対する暴力や暴言は、「体罰」です。日本の社会には、しつけのためには体罰という「愛の鞭」も必要という考え方が根強く残っていますが、これに対して厚生労働省は、体罰の悪影響などを説いたパンフレットを作成して、「愛の鞭(むち)ゼロ作戦」というキャンペーンを展開しています。

その萎縮してしまった脳を元に戻す方法があったら教えて欲しいね。役所もワルノリが過ぎますね。こんなオママゴト行政の無駄飯食いを大量に抱えて…躾とか教育とか愛とか、一番役人が分からないことでしょうに
教員からの視点ですが。チャイムがなっても席につかない授業中に喋るだけ喋って飽きたら寝る。怒っても数分後には同じ状態。そして、「叩くなら体罰として訴えるんで」という。これが日本の教育の素晴らしいとこかー(棒格差ね。本当に必要な鞭も必要なのかな、、、どうなんだろう。難しい問題だ!
体罰だらけで育った私…前頭葉萎縮してんかな~ やだな~ 笑子供には体罰はやらぬようにしているが、デカイ声で叱ったりしている。だめなのか…  良き親にはなれないな、私。まぁ、気楽に子育て頑張りますわ。

 猫たち~!!

 猫の“空気を読まない行動”こそ、猫ならではの愛らしさの一つです。 飼い主がパソコンで仕事をしているときにキーボードに乗ってきたり、畳み終わった洗濯物のタワーを破壊してくれたり、休日の朝に限って早朝から寝室前で鳴き続けたり……などなど限りなくあります。

猫は人の気持ちわかるから。辛いときいつも寄り添ってくれている。猫様は冷たいと思われがちかもしれないが、伊達に人間の歴史に寄り添ってない。感情の読み取りはお手の物ニャ。
ご主人様の事が心配で仕方ないのね・・・私も過去にペット飼ってた事があり犬、猫ともに同じように寄り添ってくれてました・・・ちゃんとペットにも人が悲しむ気持ち分かってると思います。良いコ達ですね、このコ達も。昔飼ってた猫がお転婆さんやったけど、私が熱出して寝込んだときにずっと枕元で大人しくつきっきりだったと嫁さんに言われた寝てる時は分からなかったけど、目が覚めたらいつもいてくれた、ありがとう
いい子たちだねぇ。うちにも子供が泣いてると寄り添う茶トラがひとりいますよ( ´ ▽ ` )

飼い主さんが大丈夫と言っても猫ちゃんには人の言葉は理解できません。

 猫ちゃんにとって通院は一大事、そもそも猫ちゃんは自分の縄張りの中で生活することを好み、たとえ大好きな飼い主さんと一緒であったとしても知らない場所に行くことは苦手です。猫ちゃんの診察時には、キャリーケースから出すことも難しかったり、さわると攻撃的になってしまったりして、診察や治療が十分にできないこともあります。

一昨年亡くなったうちの猫は、病院に行く時ペット用のスリングで抱っこして行くと、おとなしかったよ
年に一度のワクチン接種と2度の手術で病院行く時は私の気配だけで分かるようになって全力ダッシュで逃走仕方がないので洗濯ネット使用していましたキャリーバッグの中にタオルは思いつかなかった車の中で、うおーん!うおーん!て鳴いてたからずっと話し掛けたり信号待ちの間は顔を見せたりしたけど、最後まで病院嫌いでした なので最期はお家でゆっくり看取りました苦しそうなときもあったけど、安らかな顔をして逝きましたまた会いたい病院に連れていかず年を取り病気になり家の猫2匹とも入院して70万かかりその後の通院と薬で毎月25000円ペット保険加入せず後悔だらけ猫の介護の日々

健康診断のクライマックスの一つが、バリウム検査です。

健康診断のクライマックスの一つが、バリウム検査です。おいしいとは言えないあの白い液体を飲むことで何がわかるのでしょうか? 年に1度の健康診断と聞いて、何となく気持ちが重い……。その気の重さの理由は、検査項目にバリウムを飲んで受ける胃バリウム検査があるからではないでしょうか?

バリウム飲む位なら、初めから胃カメラにしとけば良かった、、、と、思った。
今は、バリウム検査は、日本独特の検査がとなり、遅れていると聞いた。もはや海外の主流は、小型化の胃カメラ検査が主流。こちらの方が精密に検査できるとか。慢性胃炎が見つかり、胃カメラをやりました。私は胃カメラの方が楽でした。2年前に職場の検診でバリウム検査をし、その夜にひどい頭痛と腹痛、嘔吐の副作用があり、それからは胃カメラのみで検査を受けています。
なにかあったら結局胃カメラなんだよね。一度やって懲りたので胃カメラしてから検診受けてます。そうするとバリウムキャンセルできるので。お金かかるけど直接みてみてもらったほうがいいや。脳ドックも頭痛が治らないって言えば保険きくし。

■ポケモンGOで健康になれるのはどんな人?

■ゲームをして「心の状態がよくなる」ことはありえるのか7月に日本でも配信がスタートした「ポケモンGO」。配信後は国内外で社会現象と言えるほどの人気になりました。ゲームに熱中しすぎて起きた事故やトラブルの報告も見られましたが、ここで取り上げたい内容としては、このゲームアプリの意外な効果として、「気持ちの落ち込みなど心の不調に効いた」という報告に注目してみたいと思います。

本当か?という記事であれば、多くは研究結果が提示されるわけだし、本当かどうかわからないって結論だと、結局何を言いたかったのかよくわからん記事になる。
歩くのは健康にいいけど歩きスマホ助長アプリだからやっぱり危険だわ本当に心の健康に効くのなら、最近解散したアイドルグループの人たちに遊んでみてもらいたいです。会話のタネになるから、色んな人とコミュニケーションが取れて気晴らしになるんじゃない?
やってる人、かなり減ってきたね。一時の盛り上がりはもう無い。確かに歩く事は健康に繋がるけど、スマホは姿勢も悪くなるし、ブルーライトでの目の影響も考えると健康にはならないね
外へ出て遊べるってことは間違いなくいいことだと思うし、時代の最先端機器を使ってこうして遊べるって最高ですよ!売る方がこういう噂を故意に流してる可能性もあるので、この手の話には簡単に乗らない方が良い。
外に出るきっかけ程度であれば、一定の効果は既にあったと思う。ただ、そこから先どうなっていくかはまた個人個人の別の問題。現在だと、話題にもしやすいから良いんじゃないかな。マナーは守ってほしい