チームは内閣官房や文部科学省、経済産業省などで構成。

 廃炉が決まった高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、政府の廃止措置推進チームは13日、使用済み核燃料を廃炉作業開始から5年半以内に取り出し、福井県外に搬出して再処理する基本方針などを正式決定した。

福井県で再処理すべき散々、交付金や固定資産税もらっておきながら、あとは知らぬ存ぜぬでは済まされない随分と適当な計画だこと
「県外搬出決定」って、行先なんて決まってないよね。これじゃ、鳩山さんの「最低でも県外」と変わらないよね。またまた、うそつき政府。受け入れ先などあるはずがない。行き先は、どこでしょういつしか聞いた言葉、「県外」。で、どこでやるつもりなの?ポリ容器で運ばないでね☆
国策の大失敗の負の遺産を福井県だけが免れることを約束されているとしたら、不公平だと思いますが。燃料のプルトニウムを粉にして容器に詰めて保管したら。いざとなったら、この容器をミサイルに積んで、標的に打ち込めば、熱の出ない核攻撃が出来ますよ。